ホーム > ブログ

スタッフブログ

音楽教室からのレポート ~イヤフォンやヘッドフォンの耳への影響

mimi4

 

イヤフォンやヘッドフォンで音楽を頻繁に聴いてますか?

街中や電車内でも若い方は大概音楽聴いてますよね。

ふと思ったのですが、耳への影響はどうなのかな?

最近ではヘッドフォンやイヤフォンが原因の難聴『ヘッドフォン難聴』と呼ばれる難聴患者が年々増加しているそうですよ。(@_@;)

 

「音響外傷」は、大きな音を聞いたことが原因で、内耳の蝸牛の有毛細胞が障害されておこる感音難聴です。

大音量を聞いたとき、耳が痛いと感じたことはありませんか?

程度が軽ければ、時間がたてば有毛細胞が修復され元に戻るそうです。

しかしヘッドホンやヘッドフォンを使用すると、通常は空気に伝わる過程で弱まるはずの音の周波数が、高いまま直接耳に伝わります。

耳に密着させて使用するヘッドホンやイヤホンは、さほど大きな音量でなくても長時間聞き続けると難聴が起きやすいそうです。
しかも、音響外傷の一つであるヘッドフォン難聴は、徐々に蝸牛内の有毛細胞が傷つき、だんだん聞こえが悪くなるので気付き難いそうです!

 

%e8%80%b31 %e8%80%b3%ef%bc%91

 

一度機能が低下した有毛細胞は機能が戻らないそうなので、予防が大切ですね。

ミュージシャンにとって耳は命ですから、大きな音で長時間イヤフォンやヘッドフォンを使用しない等といった予防をして下さいね!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
西立川総合音楽センター
http://www.blm-music.com/
住所:〒196-0033 東京都昭島市東町1-16-11
TEL:042-521-3311
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

立川の音楽教室 ユーフォニアム科あります

『響け♪ユーフォニアム』というTVアニメが若者の間で人気らしい。

漫画から人気が出てTVアニメ化したそうですが、吹奏楽に青春をかける少女達の姿がマブシイですね~shine

という事で、ユーフォニアムという楽器について簡単に。

 

20151030215217

 

「ユーフォニアム(ユーフォニウム)は金管楽器で、ギリシア語の“euphonos”「良い響き」に由来する。

一般的にB♭管で、トロンボーンと同じ音域だがトロンボーンよりも柔らかく丸みを持った音色がする。

活躍の場は金管バンドや吹奏楽だが、オーケストラでも時々お目見えする。

 

日本におけるユーフォニアムの歴史は、明治3年(1870年)にイギリスよりユーホーニオンが到着した事により始まった。

日本人初のユーフォニアム奏者は、明治2年(1869年)に薩摩藩によって集められた軍楽隊の伝習生、尾崎惟徳と言われている。

軍楽隊の伝習生は、当初イギリス式教育を受けたが、明治3年に陸海軍が分離された後、海軍軍楽隊はイギリス式教育(後にドイツ式教育)、陸軍軍楽隊はフランス式教育を導入した

第二次世界大戦敗戦後に米国より導入されたスクールバンドの普及により、現在、日本においては名称は「ユーフォニアム(ユーフォニウム)」に定着し、楽器もイギリスで発展したピストン式のユーフォニアムが一般的になっている。

おおよそ1960年代からユーフォニアムを専門とする演奏家が活躍を始めた。

その後、ユーフォニアム部門のコンクール開催や海外演奏家の来日等により、専門家としての能力と指導力を身につけたユーフォニアム奏者達は、続々と音楽大学の講師として赴任し、日本の演奏家による国外での活躍も見られるようになった。」

 

こんなユーフォニアムもある!

ダブル・ベル・ユーフォニアム!!凄い~\(@▽@)/どうやって吹くんだろう??

 

%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%83%a0

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
西立川総合音楽センター
http://www.blm-music.com/
住所:〒196-0033 東京都昭島市東町1-16-11
TEL:042-521-3311
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

立川&昭島の音楽教室 もうすぐ発表会です!!

11月27日(日)に当音楽教室の発表会が立川アイムホールで開催されます。

今年は総勢41名の方がエントリーされてます。

出演される皆様!あと一ヶ月ですよ!!

準備万端ですか?

一年に一回の舞台でスポットライトを浴びて輝いて下さいねshine

スタッフ一同、みなさんの集大成を全力サポートしておりますgood

 

20151126123846

 

2015110182953

 

DSC_0046
DSC_0252

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
西立川総合音楽センター
http://www.blm-music.com/
住所:〒196-0033 東京都昭島市東町1-16-11
TEL:042-521-3311
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

立川&昭島 音楽教室からレポート『オークラウロという幻の楽器』

「オークラウロ」という笛を御存知ですか?!

尺八の胴の部分がフルートなんですよ!(音楽教室に通われている生徒さんに教わりました!(*^_^*)

音色は尺八とフルートの中間色って感じでしょうか…。

 

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%ad1

 

日本の西洋音楽の普及に貢献する一方で、日本の伝統音楽を深く愛していたホテルオークラの創業者・大倉喜七郎男爵が昭和初期に考案・制作したそうです。

そして自ら得意としていた尺八を改良したいという思いから作られました。

しかし太平洋戦争の敗戦とともに、財閥解体の影響で大倉家からの全面的バックアップが失われ、次第にその存在は忘れ去られ幻の楽器となったそうです。

最近、尺八製作者とフルート製作者が共同で楽器の復元を試みたそうですが、現在は制作していないそうです。

やはり、楽器としてどっち付かずのイメージと音色がどうしても一般受けしないのですね。

 

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%ad

 

ニュース番組で紹介された動画がYouTubeで見れます ⇒こちらから

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
西立川総合音楽センター
http://www.blm-music.com/
住所:〒196-0033 東京都昭島市東町1-16-11
TEL:042-521-3311
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

立川&昭島 音楽教室ウクレレ科生徒募集してます

最近、とーーーっても可愛い生徒さんがウクレレ科に入会されました!

4歳の男の子なのですが、毎週ウクレレのお稽古が待ち遠しくてしかたないらしいですhappy01

誰かが弾いているのを見て憧れちゃったらしいです…かわいい~

『好きこそ物の上手』といいますから、将来が楽しみですね♪

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-5

 

最近若い世代を中心にウクレレ人気が高まっているそうですよ!

弾き語りのイメージが強いウクレレですが、メロディと伴奏を同時に弾くソロ楽器としても大活躍しています。

曲もゆったりした曲ばかりではなく、フラメンコのようにかき鳴らしたり、クラシックやジャズなどさまざまな楽曲をカバーできたりと、意外に奥の深い楽器なんです。

ウクレレの人気の理由のひとつとして、日本の住宅事情に合っていることがあると思います。
ピアノやギターは置き場所に困るという方でも、ウクレレの場合は、壁にフックをつけてかけておけばほとんど場所をとりません。

また、音がそれほど大きくないので、家の外に音がもれることを心配する人にも安心です。

子どもが寝静まってからもこっそり練習できます。

弾く場所を選ばないのですきま時間にソファでくつろぎながら弾いたり、広い芝生や海岸に持っていって弾いたりするのも気持ちが良さそうですね。

誕生日やクリスマスパーティなどにファミリーコンサートをするにはぴったりの楽器です。

育児に悩んでいる時も、気分転換になります。

ウクレレの音色に癒されて、子どもにもやさしくなれるかもしれませんね。

 

images-1

 

幼少期の脳はスポンジのように柔らかいですから、子供のうちから脳を活性化させておきましょう!

小さなお子様でも安心して楽しくレッスンに通えるように、スタッフ一同気を配りお待ちしております。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
西立川総合音楽センター
http://www.blm-music.com/
住所:〒196-0033 東京都昭島市東町1-16-11
TEL:042-521-3311
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

立川&昭島/音楽教室からレポート『子供に音楽を習わせるメリット』

音楽を習うにあたり、面白い記事を見つけました。

 

★7歳前から楽器を習っている子は、頭も運動神経も良くなると判明:カナダ大学調査

『ダメ元で小さな頃から子どもに楽器を習わせている方、月々の月謝は決して無駄にはならないだろう。

カナダのコンコーディア大学その他の共同研究では、幼少期に音楽に触れることで脳は飛躍的に進化し、その子の生涯にわたり大きな財産となることがわかったという。

piano-1

 

調査のうち半数は7歳以前に楽器を習い始めた人たち、残りの半数はそれ以降に楽器に触れるようになった人達で、両者共に楽器の練習量や経験は同程度。

この人達と音楽にまったく触れたことのない人々を比較検証した調査では、脳内スキャンの他、運動神経テストを実施した。

楽器の演奏と運動神経は無関係と思われがちだが、早い時期に音楽を始めた人ほど、わずかな練習時間で初めての運動を正確に習得できたという。

また脳内スキャンでも小さいうちに楽器を習い始めた人ほど脳梁白質、つまり右脳と左脳のつなぎ目の部分が大きく情報伝達能力に優れていることがわかった。

この様な脳の持ち主は計画実行能力に優れており、運動神経が良いのもこのためらしい。

楽器を演奏するには視覚、聴覚の刺激と手の動きを連動させなければならず、7歳以前に楽器を始めると、脳内の動作を司る部位と知覚を司る部位を連携させる力が身に付くという。

特筆すべきは7歳を過ぎて楽器を始めた音楽家と、楽器を演奏したことのない素人を比較しても、この脳の連携プレーに差はないということ。

故に脳の発達に関して言えば、6歳で楽器を始めるのと8歳で始めるのでは大違いらしい。』

golden_age-300x166

プレ・ゴールデンエイジ=音楽に触れ、音楽を始める

ゴールデンエイジ=音楽演奏技術の急成長

ポスト・ゴールデンエイジ=反復練習や応用による質の向上や、独自演奏(アドリブ、オリジナル)の発展

また耳、聴感覚の発達も4~6歳頃に急激に発達し、その後は横ばいになるそうです。
へぇ~!
脳の発達のメカニズムについて詳しく知りませんが、明らかな事実だとすると一石二鳥、三鳥ですよね♪
他にも、幼少期に音楽を学んだ人は晩年まで知力を高く保つといったレポートもあり、メリットはかなり高そうです!!
でも大切なのは本人の意思ですよね。
興味のない子に教えるのは難しいですし…。
当音楽教室では、子供の個性を大切に一人一人の性格を見極め、音楽を楽しく長く続けていけるようにサポートしてます♪

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
西立川総合音楽センター
http://www.blm-music.com/
住所:〒196-0033 東京都昭島市東町1-16-11
TEL:042-521-3311
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

西立川総合音楽センターでは音楽教室の様子や演奏会の情報をご紹介するブログを公開しております

西立川総合音楽センターのブログでは、レッスンの様子や日々のエピソード、講師陣の活躍の模様などをご紹介しております。プロの演奏家としても活躍する講師や、受講生が出演する演奏会やライブなどのご案内もしておりますので、ぜひご確認ください。
当音楽教室はお子様はもちろん、大人の方の習い事として人気がございます。楽器演奏が初めての方も、年齢を問わず、何歳からでもレッスンにご参加いただけます。全て完全個別指導ですので、目的やレベル、経験に合わせて経験豊富な講師がきめ細やかにサポートいたしますので安心してお申し込みください。
西立川総合音楽センターでは未経験でご不安がある方にも、安心してご受講いただけるよう無料体験レッスンをご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問い合わせはこちら042-521-3311
まずは無料でお試し 体験レッスンお申込み
練習室(グランドピアノ有)・楽器など レンタルについて
ページ上部へ