ホーム > ブログ >

スタッフブログ

立川&昭島の音楽教室からのレポート ~唾液

管楽器を演奏するにあたり、唾液って気になりませんか?

金管楽器の場合はハンパじゃない量ですよね~

だから唾を抜くキーがちゃんと付いているんですね!

レッスンの時は、新聞紙をお渡ししてます(笑)

 

%e9%87%91%e7%ae%a1%e6%a5%bd%e5%99%a8%ef%bc%91

 

でもこれって水蒸気なんですよね。

温かい息が冷やされて気化しているのでサラサラで汚くないハズです。

だからといって、放置していると楽器に良くないし、怪しげな臭いがする原因になりますので、吹いたらキチンとお掃除しましょう。

 

ちなみに、唾液について・・・

唾液は、主に、耳下腺・顎下腺・舌下腺という3つの大きな唾液腺から、1日に1000~1500ml ほど分泌されるそうです。
唾液には、健康に関わるさまざまな働きがあります。

例えば、食べ物の消化を助けたり、味を感じやすくしたりする働き。

それから、口の中の汚れを洗い流す、酸を中和して口の中を中性に保つ、細菌の繁殖を抑える、再石灰化によってむし歯を防ぐといった、口の中を清潔で健康に保つ働きがあるそうです!!

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

 

楽器を始めたばかりの頃は、唾液が多くなったと感じた人もいたのでは?

タンギングをする事で舌をたくさん動かすので唾液が分泌されるんですね。

楽器を演奏するのって健康にも良いんですね

稀に唾液過多症という病気の場合もあるそうですが・・・

 

来年から何か新しい事を始めたいと思っていらっしゃる方、当音楽教室には30種類の音楽コースをご用意してます。

どのコースも優秀な講師を厳選しております。

皆様の楽しく充実した音楽ライフを応援しております♪

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
西立川総合音楽センター
http://www.blm-music.com/
住所:〒196-0033 東京都昭島市東町1-16-11
TEL:042-521-3311
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

立川&昭島でギター女子を目指す!

最近、ギター女子が増加中!

先日開催された当音楽教室主宰のフェスティバルでも、ギター女子&ドラム女子が講師陣も驚きの熱演振りでした

 

やってみたいけど・・・と、迷っていらっしゃる方一度体験してみませんか?

楽器もレンタルできますので手ぶらで

お気軽にお問い合わせ下さい

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-3

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
西立川総合音楽センター
http://www.blm-music.com/
住所:〒196-0033 東京都昭島市東町1-16-11
TEL:042-521-3311
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

立川の音楽教室 ユーフォニアム科あります

『響け♪ユーフォニアム』というTVアニメが若者の間で人気らしい。

漫画から人気が出てTVアニメ化したそうですが、吹奏楽に青春をかける少女達の姿がマブシイですね~shine

という事で、ユーフォニアムという楽器について簡単に。

 

20151030215217

 

「ユーフォニアム(ユーフォニウム)は金管楽器で、ギリシア語の“euphonos”「良い響き」に由来する。

一般的にB♭管で、トロンボーンと同じ音域だがトロンボーンよりも柔らかく丸みを持った音色がする。

活躍の場は金管バンドや吹奏楽だが、オーケストラでも時々お目見えする。

 

日本におけるユーフォニアムの歴史は、明治3年(1870年)にイギリスよりユーホーニオンが到着した事により始まった。

日本人初のユーフォニアム奏者は、明治2年(1869年)に薩摩藩によって集められた軍楽隊の伝習生、尾崎惟徳と言われている。

軍楽隊の伝習生は、当初イギリス式教育を受けたが、明治3年に陸海軍が分離された後、海軍軍楽隊はイギリス式教育(後にドイツ式教育)、陸軍軍楽隊はフランス式教育を導入した

第二次世界大戦敗戦後に米国より導入されたスクールバンドの普及により、現在、日本においては名称は「ユーフォニアム(ユーフォニウム)」に定着し、楽器もイギリスで発展したピストン式のユーフォニアムが一般的になっている。

おおよそ1960年代からユーフォニアムを専門とする演奏家が活躍を始めた。

その後、ユーフォニアム部門のコンクール開催や海外演奏家の来日等により、専門家としての能力と指導力を身につけたユーフォニアム奏者達は、続々と音楽大学の講師として赴任し、日本の演奏家による国外での活躍も見られるようになった。」

 

こんなユーフォニアムもある!

ダブル・ベル・ユーフォニアム!!凄い~\(@▽@)/どうやって吹くんだろう??

 

%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%83%a0

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
西立川総合音楽センター
http://www.blm-music.com/
住所:〒196-0033 東京都昭島市東町1-16-11
TEL:042-521-3311
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

立川&昭島 音楽教室からレポート『オークラウロという幻の楽器』

「オークラウロ」という笛を御存知ですか?!

尺八の胴の部分がフルートなんですよ!(音楽教室に通われている生徒さんに教わりました!(*^_^*)

音色は尺八とフルートの中間色って感じでしょうか…。

 

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%ad1

 

日本の西洋音楽の普及に貢献する一方で、日本の伝統音楽を深く愛していたホテルオークラの創業者・大倉喜七郎男爵が昭和初期に考案・制作したそうです。

そして自ら得意としていた尺八を改良したいという思いから作られました。

しかし太平洋戦争の敗戦とともに、財閥解体の影響で大倉家からの全面的バックアップが失われ、次第にその存在は忘れ去られ幻の楽器となったそうです。

最近、尺八製作者とフルート製作者が共同で楽器の復元を試みたそうですが、現在は制作していないそうです。

やはり、楽器としてどっち付かずのイメージと音色がどうしても一般受けしないのですね。

 

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%ad

 

ニュース番組で紹介された動画がYouTubeで見れます ⇒こちらから

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
西立川総合音楽センター
http://www.blm-music.com/
住所:〒196-0033 東京都昭島市東町1-16-11
TEL:042-521-3311
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

立川&昭島 音楽教室ウクレレ科生徒募集してます

最近、とーーーっても可愛い生徒さんがウクレレ科に入会されました!

4歳の男の子なのですが、毎週ウクレレのお稽古が待ち遠しくてしかたないらしいですhappy01

誰かが弾いているのを見て憧れちゃったらしいです…かわいい~

『好きこそ物の上手』といいますから、将来が楽しみですね♪

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-5

 

最近若い世代を中心にウクレレ人気が高まっているそうですよ!

弾き語りのイメージが強いウクレレですが、メロディと伴奏を同時に弾くソロ楽器としても大活躍しています。

曲もゆったりした曲ばかりではなく、フラメンコのようにかき鳴らしたり、クラシックやジャズなどさまざまな楽曲をカバーできたりと、意外に奥の深い楽器なんです。

ウクレレの人気の理由のひとつとして、日本の住宅事情に合っていることがあると思います。
ピアノやギターは置き場所に困るという方でも、ウクレレの場合は、壁にフックをつけてかけておけばほとんど場所をとりません。

また、音がそれほど大きくないので、家の外に音がもれることを心配する人にも安心です。

子どもが寝静まってからもこっそり練習できます。

弾く場所を選ばないのですきま時間にソファでくつろぎながら弾いたり、広い芝生や海岸に持っていって弾いたりするのも気持ちが良さそうですね。

誕生日やクリスマスパーティなどにファミリーコンサートをするにはぴったりの楽器です。

育児に悩んでいる時も、気分転換になります。

ウクレレの音色に癒されて、子どもにもやさしくなれるかもしれませんね。

 

images-1

 

幼少期の脳はスポンジのように柔らかいですから、子供のうちから脳を活性化させておきましょう!

小さなお子様でも安心して楽しくレッスンに通えるように、スタッフ一同気を配りお待ちしております。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
西立川総合音楽センター
http://www.blm-music.com/
住所:〒196-0033 東京都昭島市東町1-16-11
TEL:042-521-3311
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

立川でファゴットを習えます!

当音楽教室のファゴット講師は、音楽大学でしっかりと音楽を学んび、現在もルネサンス・バロック・クラシカル・モダンと様々な時代のファゴットで演奏活動をする現役ファゴット奏者です!

現在、ファゴット科は生徒募集しております。

ご興味のある方は、まずは無料体験レッスンをおすすめ致しますm(_ _)m

 

 

●ファゴットについて

英語ではバスーンと呼ばれるダブルリードの木管楽器で、全長は約260cmもあり二つ折りにされてます。

ほかの管楽器では親指は楽器を支えるために使うことが多いのですが、ファゴットは指10本全部を使うめずらしい管楽器です。

特に親指の活躍はめざましく、左手の親指で操作するキイは10個もあります!

運指によって音色が優しくなったりピアニッシモの小さな音が出せたりするそうで、指使いを探していくのもファゴット奏者の楽しみのひとつになっています。先生や先輩から、秘伝の替え指を伝授されるといったこともあるようですよ(^ ^ )♪

音色は多少鼻の詰まったような音色を持ち、音が跳躍する動きのとき、おどけたような表現を得意としています。

ファゴットの低音域はオーケストラの響きに力強さを与え、テナー歌手の音域にあたる高音域は独奏メロディにもよく使われます。

余談ですが、英語圏では「バスーン」と呼ばなくてはなりません!

その理由は英語圏で「ファゴット」と言ってしまうと、同性愛者への侮蔑的呼称「オカマ」を意味する「faggot」と捉えられかねないそうです(笑)

structure_p02_05

 

●バッソン

キイの少ないバロック時代のファゴットを基に、昔ながらの音を残しています。

19世紀まではドイツ式のファゴットと並び立って、木管の低音楽器の主流だった楽器です。

音程が取りにくく音量も小さいという難点はありますが、柔らかい独特の音色で表現力が豊かなので、現在もフランスを中心に愛好されています。
ラヴェル、ドビュッシー、サン=サーンス、ベルリオーズなどの作曲家はバッソンが活躍する美しい曲を書いています。

structure_p02_06

●コントラファゴット

コントラファゴットの管はファゴットのちょうど倍の長さで、音も1オクターブ低い音を出します。

その低い音にもかかわらず柔らかく、幅の広い音色をもっています。

ベ-ト-ヴェンをはじめ古典派の頃から重宝されてきた楽器で、近年の大編成のオ-ケストラ曲でも盛んに用いられてます。

structure_p02_07

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
西立川総合音楽センター
http://www.blm-music.com/
住所:〒196-0033 東京都昭島市東町1-16-11
TEL:042-521-3311
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

西立川総合音楽センターでは音楽教室の様子や演奏会の情報をご紹介するブログを公開しております

西立川総合音楽センターのブログでは、レッスンの様子や日々のエピソード、講師陣の活躍の模様などをご紹介しております。プロの演奏家としても活躍する講師や、受講生が出演する演奏会やライブなどのご案内もしておりますので、ぜひご確認ください。
当音楽教室はお子様はもちろん、大人の方の習い事として人気がございます。楽器演奏が初めての方も、年齢を問わず、何歳からでもレッスンにご参加いただけます。全て完全個別指導ですので、目的やレベル、経験に合わせて経験豊富な講師がきめ細やかにサポートいたしますので安心してお申し込みください。
西立川総合音楽センターでは未経験でご不安がある方にも、安心してご受講いただけるよう無料体験レッスンをご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問い合わせはこちら042-521-3311
まずは無料でお試し 体験レッスンお申込み
練習室(グランドピアノ有)・楽器など レンタルについて
ページ上部へ